本文へスキップ

キンセイ食品株式会社は日本惣菜協会会員です。

お問い合せ 045-307-2701

会社方針CONCEPT

会社方針

1.味にこだわった美味しい商品を

「手作り」のトンカツ事業に特化し、ノウハウを蓄積。
その技術とこだわりは、上野原工場でメインに製造されるメンチカツにも活きています。
吟味した肉を仕入れ、肉の旨みを最大限引き出し商品化することを追求し、商品開発に取り組んでまいります。

2.ベストな価格で

「原料の仕入れ」「手作り」にこだわる一方、ベストな価格で提供できるように工夫。
精肉小売をしていた頃からのノウハウで上質な原料を仕入れ、生産能力の高い機械を導入し、効率良く生産しています。

3.大量受注可能

「プロの味を手作りで」とのこだわりもあり、中々大量受注へのご期待に添えませんでしたが
上野原工場はメンチカツをメインに本社工場と併せて増産可能な体制が整いました。


代表ごあいさつ

平素より当社の商品をご愛顧いただき、誠に有難うございます。

平成29年6月1日をもちまして、代表取締役社長に就任いたしました。
微力ではございますが、今後一層の努力をいたす所存でございますので
前任者同様格別のご指導とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

当社は1973年2月、畜産専門店のノウハウを活かし「手作り」「プロの味」に特化した
トンカツ等の冷凍食品製造を目的としてキンセイ食品株式会社を設立いたしました。
 召し上がる方の「美味しい」のために「肉の味がする」冷凍トンカツにこだわりを
持って、日々努力と研究を重ねてまいりました。
 また広く社会に貢献する会社を目指すことで「お客様」や「お取引頂いている企業」の方々に喜んでいただける商品作りにつながり、その結果社員が幸せになる会社でありたいと、常日頃考えております。
こだわりをもって生産しているため、大量受注への対応が最優先課題でしたが、山梨県上野原工場の設立に伴い、ご期待に添える生産体制を確立することができました。
 「安心・安全をお客様に」の精神を忘れることなく、さらにお客様に喜んでいただける良い商品を提供させていただく所存でありますので、引き続きご指導とご鞭撻を賜りたくお願い申しあげます。

代表取締役社長  加藤 貴司


会社沿革

1973年
精肉卸売業で培った経験を基に、現在の中里工場(横浜市南区)にキンセイ食品(株)を設立
1985年
横浜市金沢区にキンセイ食品(株)本社工場設立 
スパイラルフリーザー導入(本社工場)
2008年
中里工場増築
スパイラルフリーザー導入(中里工場)
2010年
山梨県上野原市にキンセイ食品(株)上野原工場設立 メンチカツを中心に製造開始
NPO HACCP実践研究会入会 HACCP方式を導入
2011年 12月
ドイツ FREY社製 真空スタッファーF200型を導入(上野原工場)
2012年 4月
オーストリア INJECT STAR社製 真空タンブラー MAGNUM-EASY1500を導入(本社工場) 
2013年 2月
一般社団法人 日本惣菜協会正会員となる
2013年 3月
横浜型地域貢献企業、最上位認定を受ける
2015年 1月
よこはまグッドバランス賞認定事業所となる
2015年 1月
ハイテック株式会社製 真空充填機STUFFWEL219を導入(本社工場)
2015年 6月
ワタナベフーマック株式会社製オートテンダーWTR-Aを導入(上野原工場)
2016年 3月
上野原工場隣接地(約4,300u)を工場用地として購入
2016年 5月
資本金を5,000万円に増資
2017年 6月
加藤貴司が代表取締役に就任
2017年 6月
上野原工場増築
2017年 7月
デュアルエナジー搭載X線異物検出機を導入(上野原工場)
2017年 8月
3D定量スライサーを2台導入(上野原工場)
2018年 3月
横浜営業所設立
2019年3月
農林水産省食料産業局長賞受賞

バナースペース

キンセイ食品株式会社

弊社商品に関するお問い合せ: 045-307-2701